注目言語のPythonを調べてみた

今、注目度の高いプログラミング言語「Python」。

なぜ注目されているのか、実際にどこで使われているのかを調べてみました。

 

まず、Pythonとは…

Python(パイソン)は、オブジェクト指向をサポートしたスクリプト言語で、特徴としては以下の点が挙げられます。

・インタプリタで実行

→Pythonはインタプリタでプログラムを実行します。

インタプリタはまず、ソースコードをバイトコードに変換します。バイトコードとは、私たちが読み書きできるソースコードと、ハードウェアが理解できる機械語との中間に位置する形式です。バイトコードに変換されたプログラムはPython仮想マシン(PVM)によって実行されます。

 

・マルチプラットフォームに対応

→PVMはPythonに組み込まれているため、Pythonをインストールすれば、特定のプラットフォームに依存せずに、Pythonのプログラムを開発、実行することができます。

 

・ソースコードがシンプル

→コードブロックを囲む括弧がなく、その代わりにインデントがそろっている部分をブロックとみなします。また、セミコロンも不要です。他の言語に比べて覚えるべきことが少ないことから、誰が作っても極端に違うコードができない。つまり、コードの可読性が高いプログラミング言語であると言えます。

Pythonは、Windows、Linux/Unix、Mac OS Xなどの主要なオペレーティングシステムはもちろん、Javaや.NETなどの仮想環境でも動作するプログラミング言語です。

 

どこで使われている?

調べてみると結構、色々なところでPythonが使われているみたいです。

聞いて調べてみた一例を下記に書いてみました。

・Pepper

最近CMでよく見かける白いロボット、Pepper君を動かしているのは実はPythonなのです。

 

・数値解析

R言語が一時期主流でしたが、技術者の数が少なく、最近の数値解析ではPythonを使っているそうです。

 

・Cisco機器のAPI

CiscoのAPIはPythonで書かれているそうです。Cisco機器を扱うNIerおうびネットワークエンジニアはAPIも扱えるようにPyhtonを勉強する方が増えている様子です。

 

・OpenStack

AmazonEC2と互換性のあるOpenStackは利便性が高いため、様々な企業でプライベートクラウドを導入する風潮が高まっております。OpenStackはPythonで書かれているため、インフラ仮想化の波にもPythonが一翼を担っている様子です。

 

・Google

Pythonと言えばGoogle‼昔から有名ですよね。

 

人気沸騰中!「Python」を採用する国内企業一覧

 

Pythonは今後どうなっていく?

今のWebアプリケーションはJavaやCで書かれている物が多いですが、そこにPythonが台頭してきています。文法がわりやすく、コンパイル作業が不要、ライブラリが充実しているPythonは、他の言語に比べ生産性が高く、今後は益々注目度が高まってくるのではないでしょうか。

実際、海外ではプログラミング言語に初めて触れる人はPythonを学ぶことも増えてきているようです。日本では今の主流はJavaですが、そのうちPythonに変わる日が来るかも!?しれません。

 

Pythonを学べる研修機関

実際にPythonを学んでみたい、でも独学でできるか不安…

そんな方は研修機関に相談してみるのもいいかもしれません。

「Python 研修」の検索でヒットした会社を載せてみました。

 実績あるPython開発のノウハウ、BeProudが教えます!

IT研修・オープン講座・講師派遣なら株式会社フルネス| Python

Python 通信講座 / Pythonの学校 – 通信教育機関 SITC 札幌情報技術学院

(取材・編集:A・N)

 

Authors
Top