入野 清子さん~新しいことに積極的にチャレンジする~

DSC_0337

 

入野 清子 (いりの・きよこ)

講師になるまでのお仕事: 大手教育系企業において経営企画業務と情報マネジメント業務、グループ内外企業への営業業務に従事。

今のお仕事: Pioneer代表。マナー研修、IT研修に従事。

 


 

IT業界にいながら、総務経理やM&Aの担当など幅広い業務経験を研修に生かしているという入野清子さんにお話しを伺いました。

 

― お忙しい所ありがとうございます。入野さんはシステム開発以外に多くの部門での業務を経験されているそうですね。

入野:会社員として働いていた時はオフィス業務から開発まで色々と経験しました。

 

部門を問わず活躍

― 講師になる前はどういったお仕事をされていたのですか?

入野:ITを初めとして、ITを使った業務プロセスの設計、また、人事総務経理といったバックヤードの仕事もしました。役員秘書として社内外の調整、社員のキャリアカウンセリングを行うなどの業務も経験しています。会社員として働いていた最後の方はM&Aに関する業務がメインでした。

 

― M&Aのマネジメントではどういったことをされるのですか?

入野:実際にデューデリジェンスをしたり、新しい会社への人の異動の適正などを判断するなどの業務です。そのため、M&Aや会社法に関係した法律についても学ぶ機会をいただけたと思います。

 

― IT関係ではどのような業務があったのですか?

入野:教育サービスをしている会社でしたので、案内のDM発送やユーザーが日常で使うシステムをSEとして開発する業務に携わっていました。

 

― 多岐に渡る業務をこなされているのですね。

入野:大変なこともありますが、システムを構築して実際に作った物が動いて求める結果が出てくるということ、幅広い業務に携わったことでそれまで知らなかった事ができるようになることというのはとても楽しかったです。

その反面、SEですので深夜は当たり前ですし、プロジェクトが動いてバグが一つ発生すると次に進めません。そのプレッシャーは大きかったですね。その現場は1年半ほどだったのですが、その後もプロジェクト担当として上流工程と呼ばれる要件定義や動作テストには長く関わっていました。

 

 

できる?→できます。→突然講師に

 

― IT業界に入ろうと思ったきっかけはあるのでしょうか?

入野:専門学校で3年間システム工学を学んではいたのですが、就職の時に特にIT業界でということを考えたわけではなく、家から一番近い会社に入社しました(笑)。

 

― SEやオフィス業務を講師になろうと思ったのは何かきっかけがあったのでしょうか。

入野:知人にある研修サービス会社の方を紹介されたのがきっかけですね。お会いした時に「できる?」と聞かれて「できます。」と答えたら、それじゃあ…とやることになっていました(笑)。

 

― 何の講義だったのですか?

入野:新入社員研修のマナー講座です。

 

― IT関係とは違う講座を担当されたのですね。

入野:そうですね(笑)。その研修会社はマナー講座のあとIT系の新入社員研修も引き続きやっていたので、そのままサブ講師として運営もやりました。新入社員研修の言語はJavaだったのですが、その時はまだJavaができなくて運営スタッフがメインでしたね。

実はまだ開発言語研修のメイン講師はやったことないのです。Javaも更に上級の技術が使えるよう日々勉強しています。

 

解らないことはその日のうちに

 

― Javaを勉強するコツはありますか?

入野:研修に出られる環境があるのであれば、講義をきちんと聴いて、演習をこなすというのが一番です。きちんと聴くというのは、理解できないことを次の日に持ち越さないということです。一度躓いてしまって、解らないまま引きずると、先にでてくるどこかしらの工程で必ず詰まってしまうと思います。これは何を勉強するにしても当てはまることですが、意識してやらないと意外と難しいんです。

 

― 講師としてはマナー研修をメインにされているのですね。

入野:そうですね。

 

講師はテキスト

 

― 講師として心がけていることはありますか?

入野:マナー研修はその研修に立った講師自身が見本です。ですので、例えばテキストにあるお辞儀の仕方は自分が実践しなければなりません。マナー研修は自分自身がテキストであり見本、つまり今後の受講生にとっての基本スキルの先輩でなければいけません。

気を抜けるのは誰にも見られていない自宅だけですね(笑)。

 

― 最近の新入社員の方は何か特徴がありますか?

入野:ギスギス感がないかもしれません。皆で仲良く、波風を立てないというか。

きつく言いすぎてもだめ、優しく言いすぎてもだめですね。厳しくしてくださいと言われてきつく言いすぎると脱落してしまいます。反対に優しく言いすぎても覚えません。講師を友達と勘違いしてしまったり。ですので、その加減が難しいです。また、受講者一人一人の個性をいかに見抜くか、なるべく個人にあった指導をしたいと思っています。

 

リアルタイムの反応が講師業の魅力

 

― 以前やられていたオフィスでのお仕事と、講師のお仕事での一番の違いは何ですか?

入野:講師の仕事は結果がリアルタイムだということです。私が話したことによって、相手の反応がすぐに返ってきます。その場で表情にも出ますし、その後の行動も変わります。今日は全く理解していないな、ここは理解できているな、というのがすぐに分かります。

オフィスでの仕事だと、例えば何か新しい事を始めるにしても、まずリサーチをして、関係者の決済が必要であったり、会議をしたり、結果がでるまでに時間がかかることがほとんどです。

私はリアルタイムで結果が出てくることがとても楽しいです。こちらが伝えたことが相手に理解して貰えた時も楽しいですし、伝えた相手の様子を見ながら、今度はこうやって伝えたらもっと良くなるのではないかと考えるのも楽しいです。

 

― 今後の目標は何でしょうか?

入野:まずはJavaの講義にメイン講師として登壇することです。言語の講師としてメインにやっていきたいと思っていますので、新しい言語もどんどん吸収していこうと思います。

 

― 常にチャレンジしようとされているのですね。私も新しいことにチャレンジできるように頑張ります。本日はありがとうございました。

入野:こちらこそありがとうございました。

Authors
Top